高齢者・障がい者

日常生活自立支援事業(福祉サービス利用援助事業)

事業のご案内

  • 判断能力に不安のある高齢者等が、住み慣れた地域で安心して暮らすことができるよう、住民や関係機関と連携し、福祉サービスの利用援助や日常的な金銭管理、通帳の預かりサービスを行います。判断能力が低下した利用者には、成年後見制度の利用を支援します。
  • 自治会や福祉団体等、地域に出向き事業説明や権利擁護支援について理解を深める「出前講座」を行い、住民一人ひとりの権利擁護意識を高めます。
  • 地域での権利擁護支援活動の担い手の育成に向けた講座や、生活支援員の資質向上や情報共有を目的とした生活支援員連絡会を開催します。

対象

  • 在宅で生活されている判断能力に不安のある高齢者や知的障がい者、精神障がい者などの方で、本人の利用意思が確認できる方です。

サービス内容

福祉サービスを利用できるようにお手伝いします。
 介護など福祉サービスを利用したいときに相談を受けたり、わからないことを説明したりします。そして、利用できるよう手続きのお手伝いをします。また、福祉サービスを利用して嫌なことなどがあれば相談を受け、解決できるようにお手伝いをします。
生活に必要なお金の管理をお手伝いします。
 毎日の生活に必要なお金を金融機関や郵便局などで出し入れしたり、電気やガスなどの公共料金や家賃などのお支払をします。また、役所などからきた手紙を確認し、手続きが必要なときはそのお手伝いをします。
通帳や書類などをお預かりします。
 通帳や書類などを自分で管理することに不安がある場合は、預かることもできます。
【預かることができるもの】(下記以外のものについてはお問い合せ下さい)
  • 通帳(日常生活費程度(50万円程度)のものに限ります
  • 金融機関の届出印
  • 年金証書

利用料

  • ご相談は無料です。
  • 契約を結んだら生活支援員がお手伝いをします。お手伝いがはじまると利用料がかかります。

*利用料:1時間 1,000円(生活保護を受けている人は無料です)